安心安全なミネラルファスティングとは!?

自粛生活で接待や飲み会の機会が減った今こそ、ファスティングのチャンス!

だけど、単純に「ただ食べなきゃいいんでしょ?」なんて思っていたらそれはマチガイです。

正しい方法で行えば、健康被害が出ない安心なファスティングができます。

①「何も摂らない」は間違い!

何も栄養をとらず、水だけで過ごすのは「絶食ゼッショク」。

これは健康を目的とするファスティングとは別物です。

「固形物は摂らないけれど、発酵ドリンクなどで必要最低限のカロリー(約200〜600kcal)と必要な栄養素を摂取することを『ファスティング』や『断食ダンジキ』と呼ぶことが多いですね」。

ファスティングに明確な定義はなく、それぞれのメソッドによって期間や内容は変わってきます。

「ただし、絶食と違って、日常生活を変える必要はありません。水飲みで行う絶食は失敗する可能性が高いのですが、ファスティングならドリンクを飲むので、空腹感を感じにくいですし、低血糖による頭痛や吐き気なども起きにくい。普段通りの生活をしながら取り入れられるのがポイントです」。

②ファスティングが体に良い理由

“内臓を休めるため”とはよく聞くけれど、なぜそれが体にいいのだろう。

「筋トレで筋肉を酷使したら、リカバリーのために数日は体を休ませますよね?

内臓だって筋肉なんです。

ずっと働かせっぱなしにしていたら、パフォーマンスが落ちるのは当然です。

ファスティングで休ませて、機能を回復するのがひとつ目の理由です」。

もうひとつの目的は、体内で分泌される酵素にあります。

「食事をしたときに分泌される消化酵素と、生命活動に携わる代謝酵素。体内で分泌されるこのふたつの酵素は、どちらか片方が優先されるようになっているのです」。

つまり、食事をすると消化酵素が優先的に分泌されるため、代謝酵素の分泌は弱まるということ。

「例えば、めちゃくちゃ疲れているときに、暴飲暴食したり、消化酵素を多く必要とする加熱した肉類や高タンパクな食事を摂ると、代謝酵素の働きが弱まるため体のリカバリーが遅れ、疲れが残る原因となります。

疲れたときは肉などのスタミナ食よりも、

消化の良い食事を摂るほうがいいのです」。

酵素を1番消費する行為は⇒食べ物の消化です。(特に添加物は消化しにくい)

ファスティングでは胃や腸、肝臓、腎臓などの臓器を休ませ、

消化酵素の分泌が抑えられるため、代謝酵素活性化しやすい。

結果、自己治癒力が高まり、免疫力が上がり、疲労回復が促されたりします。

 

③結局、何日やればいいの?

手軽な1日から、ストイックな1週間~10日間まで、

どうやって期間を決めたらいいのだろう!?

「これは目的によって変えるべきです」

個人差はあるが、日数によって以下のような効果が期待できます。

・1~2日
主なエネルギー源【糖質
効果:内臓の休養

・3~4日
主なエネルギー源【脂質

効果:内臓の休養、むくみの改善や滞留便(いわゆる宿便)の排出

ここからはエネルギー源が脂質に変わるので、脂肪燃焼が100倍アップします!

・5~6日
主なエネルギー源【脂質】

効果:内臓の休養、脂肪燃焼、脳の覚醒(思考がクリアになる)

腸内環境が良くなり、体内の酵素が活性化して細胞がイキイキと生まれ変わっていきます。

・7~10日

主なエネルギー源【脂質】
効果:内臓の休養、脂肪燃焼、脳の覚醒、細胞の修復、

「オートファジー」という、栄養を自給自足する素晴らしい機能が働きはじめ、

細胞内がキレイになり本来の働きが高まっていきます。

そして、奇跡のホルモン「アディポネクチン」が大活躍して、

どんどん血管内を綺麗にしていきます。

「1日だから意味がないわけではありません。長期間のファスティングはメリットも大きいですが、怖いとか不安な場合は、最初は1日から様子を見て、無理のない範囲で徐々に期間を延ばしていくといいでしょう」。

④準備期間と回復期間って必要?

ファスティング期間よりも準備期や回復期が大切というのもよく聞く話しです。

「ファスティング明けの体は飢餓状態で、吸収率が上がっています。ここで食生活が乱れると、ファスティング前よりも体調が悪くなる可能性もあります」。

準備期、回復期ともに、少なくともファスティング期間の半分の日数はかけるべきだという。

「1日断食なら前後半日ずつ。6日間断食する場合は、通常なら前後3日~4日ずつで計12日ですが、期間が長い分、余裕を持って18日間のスケジューリングを私はおすすめします」。

例えば6日間ファスティングをするならばこんな感じです。

準備期2日間 おかゆと野菜など、『まごはやさしい』の和食中心で、

       ※動物性のものは取らない(さ=さかな系も摂らない)

本番6日間 ファスティング(ミネラル酵素ドリンク+水やルイボスティー等2ℓ以上)

回復期1日目 おかゆや薄味のスープ

回復期2~3日 おかゆ+野菜や味噌汁

回復期4~6日 動物性食物を避けた和食

「おかゆはレトルトでもOK。少しずつ咀嚼して、ゆっくり食事をしてください。ファスティング期間より血糖値が下がることもあるので、回復期は上記のようなメニューで頑張りましょう!」。

ファスティング期間(準備、回復含む)は、

さ=魚は摂らない(動物性食物)

⑤どのくらいの頻度でやるべき?

「1~2日の断食なら毎週から月に1回やってもOKですが、

3日~10日なら1ヵ月~3カ月に1回程度(目的による)

体調やライフスタイルに合わせて調整すると良いでしょう」。

「食事をしていないときの体はエコモードに入ります。例えば私は10日断食ファスティングしたことがありますが、体が慣れてしまい、少しのエネルギーで動けるようになって食がコントロールしやすくなりました」。

 

⑥発酵ドリンクはなくてもいい?

「発酵ドリンクには、普通のドリンクとは違い、発酵によって得られるアミノ酸などの栄養素が含まれています。カロリーを摂らない分、栄養素はしっかり補ってほしいので、発酵ドリンクを飲むようにしましょう」。

発酵ドリンク選びも重要です。

・原材料の種類が多いもの
・農薬や精製した砂糖、人工甘味料や添加物を使っていないもの
・発酵成分の濃度が高いもの

これらは基本的に押さえておきたいところ。

「発酵成分が入っていないドリンクは、普通のジュースと同じです。価格が安いものは発酵成分の濃度が低いものもあるのと、添加物が多いので、しっかりチェックしましょう」。

当院では、最高品質の酵素ドリンクをオススメしています。

⑦ファスティングで本当に痩せる?

ファスティング経験者に多いのが、「食べなかった割にはあまり痩せなかった」という声。

それもそのはず。成人男性の消費エネルギーの基本は2200kcal。糖質が1g4kcalだから、丸1日絶食したとしても550gしか痩せない計算になる。実際には発酵ドリンクを摂取しているので、食べないことによる物理的なダイエット効果はそれほど大きくありません。

※3日以上のロングファスティングは、3日目から体は脂質をエネルギーにするので体脂肪は劇的に減ることがあります。

「ただし、塩分を摂らないのでむくみがなくなったり、滞留便が出て体重が減ることはあります」。

大きな効果は、物理的な体重減少よりも、食生活への意識改革とデトックス効果です。

「今までどれだけ食べていたかを意識できるようになるし、少ない量でも満足できるようになるはずです。食生活が変われば、ファスティングが終了しても徐々に体は痩せていきます」。

※個人差はありますが、私は7日間ファスティングと10日間ファスティングを1ヶ月半の期間で行い、体重-13kg、体脂肪率21.5%⇒12.7%、内臓脂肪9.5⇒4.5%になりました。

脂肪に添加物や残留農薬の毒素が溜まってますから、それを燃焼してデトックスします。

⑧運動はしないほうがいい?

ファスティング中に運動でもしようものなら倒れるのでは? と思ってしまうが、実は逆だといいます。

「脂肪が燃えるときにケトン体という物質が発生するのですが、ケトン体の血中濃度が高まると、気分が悪くなったりすることがあります。これを緩和させる方法のひとつが運動なんです」。

ただし、いつもと同じ負荷をこなすのは難しいと思います。

「普段の70〜80%の強度や長さを意識するといいでしょう」。

普段運動をしていないのに、「せっかくファスティングをするんだから、頑張っちゃおう!」などとはくれぐれも思わないことです。

「生活の強度が上がっているのに、運動の強度を上げたら絶対に続きません。普段、運動をしていない人は、ウォーキング程度に留めておくか、ファスティングの1~2週間ぐらい前から運動習慣を身につけておくようにしましょう」。

 

⑨思考がクリアになるって本当?

思考が透明化するのは5日目以降(③参照)

「この頃になると、ケトン体が脳で代謝されるようになり、脳波がα波状態になります。リラックスしているのに集中力が高まっているような状態になり、思考がクリアになるのです。五感が鋭くなっていくのもこの頃からです」。

⑩注意するべきことはある?

まず低血糖にならないよう、発酵ドリンクは少しづつ飲むのがオススメです。

「発酵ドリンクは糖分が高いので、食事のタイミングで一気に摂ると、その後、血糖値が急激に下がり、低血糖になりやすいんです」。

塩分を摂らないので、体内に水を保持しにくく、脱水症状にもなりやすいという。

(空腹がガマンできない時や、頭痛がする時は天然の塩を舐めてもらいます)

「入浴は水分補給をしながら入る」とにかく通常でも水は2ℓ飲んでいただきたいのですが、ファスティング中は必ず2ℓ以上飲んでいただきます。

 

HOW TO 週末ファスティング

頻度は月1回ほどで構わないが、日にちを決めて定期的に行うことが肝心。週末のほか、食べすぎや飲みすぎた翌日に行うのもおすすめ。「もちろん、週末以外でもOKです。感覚が研ぎ澄まされるので、私はあえて忙しい平日に実践しています」

(例)

土曜日〜準備期〜
和食中心の食生活を送る
準備期の初日は消化のいい和食メニューで過ごす。3食摂ってもOKだが、主食はパンや麺類を控えてご飯にすること。間食も摂らないようにして、内臓を休ませるために、お酒とタバコも控えること。遅くとも20時には夕食を終え、あとは何も食べず、早めに就寝。

日曜日〜ファスティング期〜
一日中何も食べない
起きたら、白湯を1杯。この日はリラックスして過ごすか、ウォーキングなどの軽い運動を。ポイントは白湯と酵素ドリンクをこまめに飲むこと。酵素ドリンク240ml~360mlを好みの薄さで水で割って、20時までにすべて飲み切るペースで。食欲が我慢できない場合は天然の塩をなめて空腹をまぎらわす。

月曜日〜復食期〜
朝食に1杯の味噌汁を飲む
朝食は味噌汁。具なしか、歯を使わなくても食べられるくらいの具が入ったものを1杯で、それにお粥を追加してもOK。胃腸が休んでいた状態で突然普通の食事を摂ると、不調になってしまうことも。これでファスティングは終了だが、この日の食生活は消化のいい和食を中心に。

 

相談は無料です(^^)

気になる方は、まずは無料カウンセリング致しますのでメッセージか電話してくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

健すこやか接骨院・針灸院は、

皆様の健康のお手伝いをさせていただきます♪

H・P http://www.kenkodo-group.com

 

健すこやか接骨院・針灸院

520-3031

滋賀県栗東市綣2丁目2-34ウィングビュー1F

TEL077-574-8655  FAX077-574-8656

 

Instagram(インスタグラム)フォローお願いします

https://www.instagram.com/rittou.sukoyaka.sekkotsuin

 

ご予約、メッセージ、ご相談、はLINEでもできますよ~

お得な特典もありますので、ぜひご登録くださいね♪

<a href=”https://line.me/R/ti/p/%40wey7024d”><img height=”36″ border=”0″ alt=”友だち追加” src=”https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png“></a>

 

 

#滋賀県 #栗東市 #草津市 #守山市 #野洲市 #湖南市 #甲賀市   #大津市 #接骨院 #整骨院 #整体 #針灸院 #鍼灸院 #訪問鍼灸   #訪問マッサージ #リハビリ #産後骨盤矯正 #産後ケア #妊活     #骨盤矯正 #猫背矯正 #背骨矯正 #温活 #ダイエット #EMS     #インナーマッスルトレーニング #ファスティング #健康体操       #健康寿命 #ケガ #ケガ予防 #子供の成長サポート #デトックス    #栄養指導 #トレーナー #交通事故 #交通事故施術 #むちうち     #首の不調 #寝違え #腰痛 #肩こり #膝の不調 #足の不調      #ぎっくり腰 #猫背 #楽トレ #トムソンベッド

#栗東市 (#荒張 #安養寺 #伊勢落 #井上 #大橋 #岡 #小柿 #小野 #笠川 #上砥山 #上鈎 #刈原 #川辺 #観音寺 #北中小路 #小平井 #下戸山 #下鈎 #十里 #高野 #辻 #出庭 #手原 #中沢 #野尻 #蜂屋 #林 #東坂 #綣 #坊袋 #御園 #目川 #霊仙寺 #六地蔵