2018年09月07日

 

①運動不足

運動不足&筋肉の不足による血流障害

足腰を使わない生活・指一本で済む家事

頭ばっかり使って体を使わない生活 現代人は総じて運動不足

 

②睡眠不足&オーバーワーク(自律神経の乱れ)

睡眠不足や多忙な生活(ストレス・オーバーワーク)による自律神経の乱れ

交感神経モードでは末梢血管が収縮・筋肉も収縮して、血流が悪くなって

冷えます。暗くなってから目を使うとか仕事をすることは交感神経であり、夜

副交感神経モードになることを邪魔します。結果交感神経は休まる暇がありません。

 

③陰性食品・冷たいもの・旬以外のものの過剰摂取

陰性食品(白砂糖やコーヒーや冷たいものの過剰摂取

コーヒーは嗜好品です(毎日数杯飲むことは女性の肝臓には非常に負担です)

生野菜・果物は朝から摂取すると体を冷やす傾向にあります

*朝スムージーは夏場朝37℃ある冷えのない女性がしていい食習慣

(ローフードをしている女性は冷えていることが多い)

 

④化学物質・放射能・薬など

日常的な薬の摂取(鎮痛剤・生理痛薬・ピルなど)

化学物質(洗剤・シャンプー・化粧品類の過剰摂取や日常的摂取)

*こどもの冷え⇒薬害が多い(ワクチンなど)

 

⑤自律神経のケア不足

髪やネイルは手入れをしても手入れをしていない自律神経

見えないからこそお手入れが必要な自律神経

2018年08月20日

 

①生理時はなるべくナプキンを汚さないでトイレで出すようにする

②生理時最低1時間に1回はトイレに行く

③生理時は22時には寝る

④生理時は暗くなってからパソコンスマホを見ないで寝る

⑤生理時は基本頭を洗わない

⑥日本製のケミカルナプキンやおりものシートはやめる

⑦布ナプキンは経血コントロールができたら使う

⑧生理5日前からカフェインや乳製品・チョコレート・トランスファットはとらない

⑨排卵後は睡眠不足と夜間のPC・スマホを極力避ける

⑪生理が乱れているときはホルモンの乱れであるが、前駆症状として自律神経が大幅に乱れている為、まずは夜更かしをやめてしっかりと眠ることが望ましい

⑫不妊は病気ではない。不自然になっているだけ

 

ごはんを手作りして、運動して、冷え治して、体温あげて、和式トイレを使って

生理を整えて、早寝早起き、22時に寝て、気持ちいいセックスをして

健康という土台を整えましょう♪

いつかなるときも今を楽しむ心が大切です。

2018年08月09日

生理は前の月の通信簿♪

からだにとって健康で自然な生理

①3日で終わる

②朝始まり夕方終わる

③夜は出ない(寝ているときは排血しない)

④痛みはない

⑤すっきり始まってすっきり終わる(茶色いのでだらだらということはない)

⑥28日周期(妊娠には新月生理が望ましい)

⑦経血はさらさらでにおいはない(経血の状態が血液の状態)

⑧排血のタイミングがわかるのでトイレで排血できる

 

生理は女性の健康のバロメーター

生殖能力そのもののバロメーターです。

生理が整わずして健康な妊娠出産にはつながりません

 

とにもかくにもまずは生理を整えましょう♪

2018年07月26日

自分サイクル“生理周期”を知ろう♪ (まずは生理周期を整える)

 

*低温期(エストロゲン期) 子宮内膜が厚くなる=赤ちゃんのベッドの準備

交感神経優位な時期 骨盤はしまっている時期 ダイエットしやすい時期

多少無理がきく時期→しかし子宮内膜をつくる時期のためしっかりした睡眠が必要

*高温期(プロゲステロン期) 子宮内膜はより厚く、べたべたになってもむくむ(着床しやすくするための準備)=肌があぶらっぽくなりむくみやすくダイエットしてもやせない時期

ヘアカラーは禁止・ダイエット禁止

副交感神経優位の時期 排卵後で子宮に血液が集まるため注意力散漫・眠気などが起こる

骨盤が開く時期 スムーズに開かないとPMSや頭痛などが起きやすい

*月経期 副交感神経優位の時期:生理開始後から徐々に骨盤が閉まり始める 生理は月に一度の小さな出産のため、生理の時は子宮に血液が充満するため生理中も眠気が強くなる=このとき子宮に血液が不足したり冷えていると生理痛になる

なるべく静かにすごしたほうが良い時期 激しい運動は向かない

逆立ちの姿勢・骨盤高位はNG(ヨガなども生理中はしないほうがベスト)

腹圧をかけると経血が逆流し、子宮内膜症などの原因になる。

洗髪NGの時期(頭皮が冷えると子宮が冷えて経血が固まると言われている)

生理痛がある場合は足腰を温める・目に温湿布をする・あたたかいお湯などをお腹にいれる

などすると軽快しやすい  鎮痛剤の服用は子宮をより冷やすため一度収まっても次回生理でより痛みがつよくなってゆく傾向がある