紫外線対策していますか?

ゴールデンウィークを過ぎ、そろそろ夏の兆しがみえてきましたが紫外線対策は行われていますか?

ごがつは、意外と一番紫外線が多いんです!

そもそも紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。波長の長さによって、UV-A(A紫外線)、UV-B(B紫外線)、UV-C(C紫外線)に分けることができます。UV-CとUV-Bの一部はオゾン層などの大気層が防いでくれるので、UV-AとUV-Bの一部を私たちは浴びていることになります。紫外線は日やけやシミの原因となるだけでなく、炎症を起こさせたり、肌の老化を加速させたりするので注意が必要です。

・UV-A(A紫外線)

雲や窓ガラスを透過して肌の奥、真皮まで到達します。生活紫外線とも呼ばれ、しみ以外にしわやたるみの原因になります。

・UV-B(B紫外線)

屋外での日焼けの主な原因となります。多く浴びると肌に赤い炎症も。レジャー紫外線ともよばれ、しみ以外にそばかす、乾燥の原因となります。

対策方法としては、日傘や帽子だけでは、地面に反射した光を防げません。サングラス、UVカットの洋服やスカーフ・手袋、日焼け止めなどが有効です。
また、普通の窓ガラスは紫外線を70%くらい通してしまうので、UVカットのカーテンをかける、屋内でも日焼け止めを塗るなどの対策をしましょう。特にA紫外線は天気や季節に関係なく地表に届くといわれるので、曇りや雨の日でも紫外線対策は必要です。B紫外線は7月がピークですが5月頃から急増するので、過ごしやすい季節から早めに紫外線対策をしましょう♪