ためしてガッテン(針灸治療)

「鍼灸」の画像検索結果

2/20で放送された「ためしてガッテン」で

針灸治療の紹介がありました。

いま肩こりや腰痛などの治療に大人気のはり治療。

でもなぜ体にはりを刺すだけで、さまざまな症状が改善するのでしょうか?そこで今回は科学の目で、はりの世界を大解剖!本場・中国で、はり治療のカギとなる「ツボ」の正体を探っていくと、なんとツボは始めから存在するものではなく、体の不調によって現れるものだという意外な事実を大発見!そしてついに、ツボの撮影に成功!さらには、はりでお腹の逆子がぐるりと回る、奇跡の現場にも遭遇しました。はり未経験のあなたも、一度ためしてみたくなる?

「鍼灸」の画像検索結果

「ツボ」にまつわる事実。 実はツボは、健康な時には押しても痛くもなんともないのですが、体の調子が崩れたときにだけ痛みや不快感が生まれるといいます。まさに健康のバロメーターになるのが、「ツボ」だったのです。現在ツボは361種類が世界共通のツボとして、WHOによって決められています。

※WHOで針灸(はり・きゅう)は副作用のない治療法として発表されています。

そんなツボの正体、実は西洋医学ではまだ完全に解明されていません。しかし、近年注目されているのが、「筋膜」というこれまであまり注目されてこなかった人体の組織。

はりが効果を示すとき、この筋膜を刺激していることが分かりました。
筋膜は、筋肉を包んでいる薄い膜のこと。無理な姿勢を続けたり筋肉に過剰な負担をかけたりすると、実はこの筋膜にだんだんとシワが寄ります。筋膜には痛みを感じる受容体がびっしり存在しているため、痛みや不快感を生じさせるといいます。これがツボの正体の有力な説の一つだとして、近年研究が進んでいます。

はり治療は医療のさまざまな現場で活用が進んでいます。西洋医学では取りきれない痛みやしびれへの対処や、薬をなかなか増やせない人への鎮痛治療など。西洋医学と組み合わせることで、高い効果を上げています。

また妊娠中、おなかの赤ちゃんのために薬を控えたいお母さんたちにとっても、はりは強い味方。さらには「逆子」の治療にも、はり・きゅうが活躍しています。

保険も使える“はり治療”

はり・きゅう治療は、以下の疾患については、医師の同意があれば、保険適用されることがあります。

  1. 神経痛
  2. リウマチ
  3. 腰痛症
  4. 五十肩
  5. 頚腕症候群(肩こりなど)
  6. 頚椎捻挫後遺症(むち打ちなど)

など

またこれら以外でも、「慢性的な痛み」が主な症状で、医師が必要と判断したものについては、保険が適用できる場合があります。
その際の手続きとしては、まず通院してる針灸院に相談。

かかりつけの医師にご相談ください。

はり治療に対する「同意書」を発行してもらいます。

しんきゅう院に同意書を持参し、保険適用で治療をうけたいことを相談してください。

当院でも保険の取り扱いはできます。

寝たきりや、自分の足でなかなか通院できない方は、

訪問して針灸施術ができます。

相談無料、初回はお試し無料で自宅や、施設にうかがわせていただきますので、お気軽にご相談ください。

健すこやか接骨院・針灸院

〒520-3031

滋賀県栗東市綣2丁目2-34ウィングビュー1F

TEL077-574-8655

FAX077-574-8656

Email  info@kenkodo-group.com